Buy Back Keiro: A Ridiculous Idea?

By administrator|May 14, 2017|Advocacy, Articles, Feature, In the News|

[KSCA submitted the following article to The Rafu, which published the English version on May 3, 2017.
Japanese translation available below.]

 

Matsumoto 2Let’s think about this for a moment.

Years preceding the sale, Keiro was not in financial difficulties according to the annual financial statements.  Keiro was making money.  Keiro had a waiting list for the retirement home until the announcement to sell.  Keiro had about $14 million in endowment designated specifically for the continuance of the nursing home and intermediate care facilities and had about $20 million in liquid investments before the sale.  Keiro benefitted from decades of volunteer services translating to millions of dollars of donations.  Keiro profited from decades of monetary donations from Japanese Americans and Japan.  Keiro enjoyed the unwavering loyalty and trust of the Nikkei community.

What were Keiro’s arguments to justify the sale? Keiro mentioned demographic changes; generational and mixed race indifference, lack of future demand and need, and changes in Medicare and MediCal future payment challenges.  Afraid of the unknown future? Afraid to meet the future challenges?  Convinced that they cannot succeed? Ensign Group, Pacifica, and Aspen were not afraid nor hindered by these future challenges.

On November 19, 2013, the United States Justice Department reported that Ensign Group paid $48 million to settle allegations of Medicare fraud. On July 16, 2014, Keiro selected and announced the sale of the facilities to Ensign Group for $44 million.  On October 13, 2014, this sale was rejected by the California Attorney General albeit Keiro gave no specific reason for the rejection.

In September of 2015, Keiro selected and announced the sale of the facilities to Pacifica Companies for $41 million.  During the time between the Ensign debacle and the sale to Pacifica, properties appreciated in value.  Why sell Keiro for $3 million less?  In selecting Pacifica, did Keiro know that on April 10, 2015, the North Carolina Department of Public Health and Human Services suspended admission and sent a notice of intent to revoke the license for Pacifica Senior Living facility in Wilmington, N.C.?   Originally Pacifica only bid for the retirement home which is not affected by Medicare, MediCal, or Obama Care mandates or reimbursements.  All the residents at the retirement home pay privately.  The retirement home was solidly profitable.  Why sell it?  Separately, Aspen only bid for the nursing homes which according to the financial statements were making money.  Making money and backed by an endowment, why sell it?  In the end, Keiro insisted on one buyer for the facilities: Pacifica.  Pacifica is now the landlord and leases out the management of the facilities to Aspen and Northstar and collects over $2.4 million per year in rent.  Like Pacifica, Keiro could have kept ownership of the facilities and contracted out the management to Aspen and Northstar.  With competent management, creativity, courage, and the steadfast loyalty of the Nikkei community, Keiro could have solved all the future financial and demographic challenges.  The sale of Keiro was a ridiculous idea.

Buying back the former Keiro facilities is the most expedient and cost effective means of recommitting to the original mandate of Keiro: to provide healthcare facilities for the Nikkei seniors.  To rebuild the facilities de novo, it will take ‘years’—versus taking only months to buy it— and it will be costlier.  Rebuilding will face numerous headwinds: feasibility studies, finding a location, architectural planning, construction costs and delays, accounting costs, legal costs, licensing, post-construction cash flow problems, annual inflationary degradation of monetary funds, finding new patients and residents, and the possible loss of community interest and engagement.   Keiro now has about $70 million which include a $14 million albatross: the ‘Legacy’ endowment fund.  At the Keiro’s 50th-anniversary event in 2011, donors gave nearly $800,000 for this endowment to the ensure the continuance of the facilities through problematic changes in Medicare and MediCal reimbursements.  For Keiro to spend a dime from this endowment fund for any reason other than for the continuance of the facilities, Keiro will violate the trust of the donors.  The rest of the $70 million presents the decades of investments, other donations, volunteer contributions, the operation of the facilities, and the sale proceeds.  Keiro should use the $70 million to repurchase the former Keiro facilities from Pacifica.

The new leadership of Keiro with Ms. Leona Hiraoka as CEO and President has the unique opportunity to regain the trust and to unite the community toward a hopeful future for our aging Nikkei.  The new Keiro leadership is not bound by the decisions and direction made by her predecessor, Mr. Shawn Miyake.  The opportunity exists now to repurchase and rebuild a new Keiro dedicated to our cultural tradition of love, honor, and care for our elders: the Shin Issei, the various generations of Nikkei, and the mixed-race Nikkei.  Let’s create a new Keiro that will be the envy and model for other ethnic groups.  Reinvigorate and unite the Nikkei community. Buy back Keiro!

 

Takeshi Matsumoto, M.D.

President, Koreisha Senior Care & Advocacy

Japanese Translation:

「敬老」が、旧敬老施設を買い戻すことは馬鹿げたアイデアでしょうか?

 

一緒に考えてみましょう。

売却から一年以上が過ぎましたが、「敬老」は財政難ではなかったことが年次会計報告書から明らかになりました。「敬老」が売却を公表するまでは、リタイヤメントホームは順番待ちの状態でした。売却前の「敬老」には、約3400万ドルにも及ぶ資産がありました。内訳は、ナーシングホームと中間介護施設を維持するために使われるレガシー基金1400万ドルと、2000万ドルの投資証券です。それとは別に「敬老」は換算すると何百万ドルにもなるボランティア活動の恩恵を、何十年も受けていました。そして「敬老」は日系コミュニティそして日本からの寄付金の恩恵を、何十年も受けていました。「敬老」は、日系コミュニティの揺るぎない忠誠心と信頼によるたくさんの恩恵を受けていたのです。

「敬老」が売却を正当化する議論は何だったのでしょうか?

「敬老」は人口変動、世代交代と異人種間結婚による無関心、将来において需要と必要性の不足そしてメディケアとメディカルからの支払い変動によって起こるかもしれない財政困難について言及していました。

決まってもいない将来を恐れたのでしょうか?

将来へのチャレンジを恐れたのでしょうか?

成功できないことを確信していたのでしょうか?

エンサイン・グループ、パシフィカ社そしてアスペン社は、将来へのチャレンジを恐れることも、それによって妨げられることもありませんでした。

2013年11月9日、アメリカ司法省は、エンサイン・グループがメディケア不正疑惑による4800万ドルの支払いに応じたことを公表しました。

2014年7月16日、「敬老」は4400万ドルで施設売却先にエンサイン・グループを選んだことを公表しました。

2014年10月13日、カリフォルニア州司法長官によりエンサイン・グループへの売却を却下されたにもかかわらず「敬老」は却下された具体的な理由を述べませんでした。

2015年9月、「敬老」は4100万ドルで施設売却先にパシフィカ社を選んだことを公表しました。エンサイン・グループ選択の大失敗からパシフィカ社への売却の間に、施設の資産価値は上がっていました。

それにもかかわらず、どうして「敬老」は300万ドルも値を下げたのでしょうか?

2015年4月10日、ノースカロライナ州保健福祉局はウィルミントンのパシフィカ社経営のパシフィカ・シニア・リビングに、業務停止命令を出しました。そして改善されなければ許可取消処分という通知を出したことを、「敬老」は知っていて施設売却先に選んだのでしょうか?

最初、パシフィカ社はメディケア、メディカルやオバマケアの支払いに影響されないリタイヤメントホームの入札にしか興味を持ちませんでした。リタイヤメントホームの入居者は個人で支払うため常に利益を上げることができるからです。

どうして売却しなければいけなかったのでしょうか?

それとは別に、アスペン社は会計報告書により利益を上げていたナーシングホームだけの入札にしか興味がありませんでした。

利益を上げていて多額の寄付と資産があるのに、どうして売却しなければいけなかったのでしょうか?

「敬老」は施設売却は一社に限ることを主張し、最終的にはパシフィカ社が全施設を購入しました。パシフィカ社は貸主としてアスペン社とノーススター社に施設運営を任せ、年間240万ドル以上の賃貸料を得ています!

パシフィカ社のように「敬老」は、貸主としてアスペン社とノーススター社に施設運営を任せることができました。有能な経営力、創造性、勇気そして確固とした日系コミュニティへの忠誠心があれば「敬老」は将来に起こるかもしれない財政困難や人口変動などあらゆる問題を解決できました。

売却はまったく馬鹿げたことだったのです。

「敬老」が旧敬老施設を買い戻すことは、日系シニアのためにヘルスケア施設を提供するという「敬老」の本来の責務に立ち返る意味でも、適切で費用効率が高いのです。施設を新たに建設するには何年もかかりますが、購入には数か月しかかかりません。

再建設は高額になります。それに再建設にはたくさんの課題があります。実現可能性の調査、場所探し、建築計画、工費そして遅延、会計上の費用、法的費用、許可、建設後の現金資金の問題、インフレ率のための取置き資金、新しい患者や入居者の受け入れそして長期による建設をコミュニティが待てないことなどです。

「敬老」は、現在約7000万ドルの資産を持っています。そのうちの1400万ドルは、「敬老」に重くのしかかるナーシングホームと中間介護施設を維持するために使われるはずだったレガシー基金です。

そのなかの80万ドルは、「敬老」が2011年に主催した五十周年記念のイベントで、メディケアとメディカルの支払い変動による運営問題が生じた際に施設運営を保証するためという名目で、集められました。「敬老」はこの施設運営を続けるためという名目で集めた80万ドルの寄付金を、一銭たりとも使っていません。それどころか「敬老」は、寄贈者の信頼を裏切りました。

「敬老」が持つ7000万ドルの資産は、何十年にもよる投資、寄付、ボランティア活動、施設運営そして施設売却によって得たものです。

「敬老」はこの7000万ドルを、パシフィカ社から旧敬老施設を買い戻すために使うべきです。

「敬老」が旧敬老施設を買い戻すことは、レオナ・ヒラオカ最高責任者による新しい指導力のもと信頼を回復し、日系シニアのために希望に満ちた将来を築き、日系コミュニティを再び団結させるという他に類を見ない機会になります。

「新敬老」の決断は、前任者ショーン・ミヤケ氏によって、指示され決定されたことに縛られてはいけません。

今、「敬老」には、新一世やあらゆる日系世代を含む日系シニアのために、敬愛、尊敬そして敬老の精神のもと施設を買い戻し「新敬老」を再建する機会が与えられています。

「新敬老」をつくりましょう!

他の民族グループがうらやましがる模範になりましょう!

日系コミュニティを団結させ再活性化しましょう!

旧敬老施設を買い戻しましょう!

 

 

2017年5月3日

 

高齢者を守る会

President 松元健 医師

 

Spread the word...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisPrint this pageEmail this to someone