「受喜与幸~受ける喜び、与える幸せ~」 

新原 豊(にいはら・ゆたか)

Vol.3 大波には、正面からぶつかれ

 一三歳のとき、医学の道へ進むならアメリカで学んだほうがいいだろうと母に勧められ、ハワイに住む姉夫婦の元へ移住しました。


 型にはまった日本の学校にどこか窮屈さを感じていた私にとって、ハワイは希望にあふれた土地でした。親元を離れる不安や寂しさよりも、期待のほうがはるかに大きかったように思います。快く送り出してくれた母の支えもあって、ハワイでは充実した時間が過ぎていきました。


 とはいえ、見知らぬ土地ではやはり心細い思いもしました。


 六人きょうだいの末っ子だった私は、家の中にたくさん人がいて当たり前だったので、生まれてはじめて孤独というものを体験しました。


 一〇代の多感な時期で多少物事に過敏になっていたのでしょう。ある夜、ベッドに一人で横になってうとうとしていると、まぶしく光る物体が急に目の前に現れて消えました。本当に一瞬のことでした。いま思えば夢だったのかもしれませんが、当時の私は、その光る物体が怖くて、結局朝まで眠れませんでした。


 そんな少年時代のハワイでの体験でいちばん心に残っているのは、毎日のように遊んだ海のことです。波が高いときのハワイの海は、のみ込まれるとどこかへ連れ去られてしまいそうな危険な面がありました。しかし、好奇心旺盛(おう せい)だった当時の私は、海が荒れているときもそのスリルを楽しむかのように浜辺に行きました。


 そうやって海で遊んでいるうちにひとつ大切なことを私は学びました。それは「大きな波ほど、正面からぶつかったほうが突破できる」ということです。


 大波を恐れてよけようとすると、かえってなぎ倒されてしまうのです。しかし、大きな波であればあるほど、その波の真っ正面で構え、波がいちばん高くなった瞬間にぶつかっていくと、のまれることなく泳いでいけるのです。


 高波に真っ正面からぶつかっていくことをハワイの海に教えられた私は、それからいくつかの困難を経て医師の道を歩きはじめました。